スカイツリー展望台の混雑状況は?料金や事前予約をチェック!

bsN612_skytreewomiageru

東京の新観光名所である 東京スカイツリー。その中でも人気があるのが展望台です。展望台に登るには、土日は混雑していて整理券が配られたりしているのをよく見かけます。

混雑を避けて登るためのコツと、料金などについて調べてみました。これから東京観光を考えられている方、是非とも参考にしてみてくださいね(^^)

スポンサーリンク


スカイツリー展望台の混雑状況は?

スカイツリーは東京観光にいくのであれば、おさえておきたい観光スポットです。最近いろいろと用事があって、スカイツリー方面によく出向くのですが、土日はかなり混雑していますね。

見た感じの印象ですが、 東京都民:観光客:外国人観光客=3:4:3くらいじゃあないかなあ・・・とざっくり考えたりしているわけです。とにもかくにも、展望台はいつも行列ができているのでいまだに、かなり混んでいることがわかります。

実際に並んだ方のツイートを検索してみたら、いろいろと情報がでてまいりました。






・・・なるほど。とにかく、チケットを購入するのに並ぶということが痛いほどわかりました。ツイートをまとめると、だいたい1時間くらいは並ぶというのが当たり前のようになっているみたいですね。

他のサイトをいろいろ見ていると、1時間以上並ばないといけない場合は、 整理券が配布されることもあるんだとか。。

かなり混んでいる時だと、当日のチケットが夕方までには完売になってしまうようなので、絶対にスカイツリー行きたい!という時は朝一で並ぶという方がいいのかもしれないです。


スカイツリーの料金や営業時間について!

bsN815_yorunoskytree

■東京スカイツリー

住所:〒131-0045 東京都墨田区押上1丁目1−2
電話:0570-550-634
時間:8:00~22:00(最終入場21:00)

料金:
◇東京スカイツリー展望デッキ(350m)
大人:2,060円
中人:1,540円
子供: 930円
幼児: 620円

◇東京スカイツリー天望回廊(450m)
※東京スカイツリー展望デッキ(350m)+でかかってきます
大人:1,030円
中人: 820円
子供: 510円
幼児: 310円


東京スカイツリーなんですが、実はチケットは2段階あって、350mまで登るチケットと、450mまで登るチケットと別れてます。

フロア450
フロア445
フロア350
フロア345
フロア340

とフロアが分かれているんですが、

350mまでの料金行けるのは、
フロア350
フロア345
フロア340

このフロアまでです。

更に+で、東京スカイツリー天望回廊(450m)の料金を払うと、
フロア450
フロア445

までいくことができます。


この追加料金ですが、実際に購入する人って意外に少ないので、上の方はかなり 空いています。

私も1度スカイツリーにいったことはあるんですが、そのとき、上の方はほとんどがらがらでゆっくり楽しむことができました。ゆっくり見たい!という方は、+で料金はかかってしまいますが、展望回廊(450m)まで行かれることをおすすめします。

スポンサーリンク



スカイツリーの穴場の時間帯は?

スカイツリーの穴場の時間帯ですが、土日であればやっぱり 午前中ですね。ほとんど並ぶことは必須のようなので、午後から行ってチケットがなくなるよりは、午前中の早い時間に行ってチケットを抑えるのが確実です。

スカイツリーのそらまちも、 昼過ぎから一気に混んでくる印象があるので、午前中のほうがスムーズかと思います。

いちばん良いのは、 平日の午前中ではあるんですけどね。私が行った時は平日だったので、チケットに並ぶと行っても15分くらい並んでさくさくっと買えたので、そこまでストレスはなかったですが。。1時間並ぶことを考えると、ちょっと乗り気はしないですよね^^;


スカイツリーのおすすめは事前予約!



スカイツリーに行く日程が決まっていたら 事前予約もすることができます。ただ、何故かちょっとだけ値段があがります笑

インターネット予約
セブン-イレブン販売

料金:
◇東京スカイツリー展望デッキ(350m)
大人:2,570円
中人:2,060円
子供:1,440円
幼児:1,130円

通常料金よりも500円くらい値上がりしますが、 確実であり待ち時間がないので、事前予約をゴリ押ししておきます。


スカイツリー展望台の混雑状況は?料金や事前予約をチェック!まとめ

遠方から来た方も、多くくるのがスカイツリーです。なので、連休時は特に混む印象がありますね。もし避けられるのであれば、連休中よりも普通の土日を狙うことをおすすめします。

スカイツリーから見る景色はとても綺麗なので、晴れた日に狙っていくのもありですね!


東京に関する他の記事もご一緒にどうぞ★ヽ(´エ`)ノ

東京名物の食べ物って何?おすすめのお店をご紹介!地図有

2015.09.19

東京で電源(コンセント)カフェはここ!wifi有でコスパが最強な場所

2015.09.13

東京湾クルーズ(シンフォニー)はランチがおすすめ?服装についても!

2015.09.08


追記:スカイツリー2016年の混雑状況はどうなの?


2016年のスカイツリーの混雑状況について、ちょっと気になったので追記していきます★

もうスカイツリーができてから何年か経っているので、
さすがに混雑状況は収まっている・・・と願いたいところです笑w



・・・・(´・ω・`)


残念ながら 安定の混雑っぷりでした。

最近は外国人観光客も増えたので、その影響もあって混んでいるのでしょうか・・・。私がちょっと前に行った時は、確かに外国人の方の割合が増えているように感じましたのでその可能性も大いにあり得るかなあと思います。


東京観光=スカイツリー

という印象もかなり根強いものになってきましたし、確かに初めて東京観光をする方にとっては行ってみたい観光スポットなんでしょうね〜。



「東京るるぶ」の表紙にも、
スカイツリーさん、 どーーーんっと登場してますからね。

2016年も引き続き、
春休み、GW、夏休みなどのお休みシーズンは、
なるべく避けたほうが良さそうです。

スポンサーリンク


 楽チン旅行ファッションTOP3

・歩きやすくて疲れない!
旅行向きおしゃれレディース靴ランキング


・春の旅行ファッションはこれに決まり!
楽ちんコーデもチェック


・海外旅行で着回し可能なおしゃれ
コーディネートを選ぶ3つのコツ



《おまけ》
旅行の時の部屋着ってどうしてる?
おすすめのルームウエアまとめ



f-f_traffic_21-s32_f_traffic_21_1bg 機内でのおすすめ記事TOP3

・ハワイ旅行の機内服装のおすすめは?
おしゃれコーデを写真付で!


・ソラシドエアのマイル登録方法!
マイルの使い方も解説!


・海外旅行で機内持ち込みに便利な
持ち物リストを作ってみた!



《おまけ》
冬旅行の機内服装おすすめは?らくちんオシャレコーデはこれ!



 旅のお役立ち系人気記事TOP3

・知ってる?旅行先の化粧落としは
クレンジングシートがおすすめの理由


・イタリアのアウトレットはどこがおすすめ?
プラダやグッチが安い!


・微妙な空気にならない!
友達や彼氏彼女に効く
絶妙な旅行の断り方


《おまけ》
スカイツリー展望台の混雑状況は?
料金や事前予約をチェック!


《おまけ2》
名古屋旅行で訪れたいおすすめの観光地
【厳選】15選!グルメもチェック




f-f_object_105-s32_f_object_105_0bg 海外で使える旅行英語

・海外旅行に行く前に最低限覚えておきたい
英語フレーズ10選


・海外旅行で英語に困ったとき!
これだけ覚えれば大丈夫な7つのフレーズ


・海外旅行で英語で買い物をするときに
役立つ10のフレーズ


・海外旅行で英語が聞き取れない時に
役立つフレーズ10選


・海外旅行で英語が話せない時の
3つの対処法!これだけ覚えておけば大丈夫




旅行のおすすめコーデや持ち物にお悩みの方にオススメ٩( ˙ω˙ )و

スクリーンショット 2016-04-11 14.55.16

【無料】お金がない方救済マニュアル



メルぞう用.001
*メールアドレス
*お名前(姓)


海外旅行にいきたい!って思っても、
お金がない・・・・がまず一言目にでてくるあなた!

それだけで、海外旅行を諦めていいものか!


できない理由を考えるよりも、 できるようになる方法を考えよう。

私は過去に15ヵ国旅行してきて、
一番聞かれる質問は、
「どうやって旅費を作ったのか?」
ということです。

その答えは、インターネットです。

実は先日上海にいったときも、
ネットで稼いがお金でいきました。

ネットで稼いで海外旅行に行った方法を、
期間限定で包み隠さずに完全無料で公開します!

人生楽しんだものがちです。
今のうちに手に入れておいてください٩( ˙ω˙ )و


注意 ダウンロードボタンを押すと、メルマガの会員として登録されます。

メルマガ登録後の1通目の自動返信メール中に、PDFのダウンロード用URLが記載されています。
こちらに同意される方のみ、PDFをダウンロード下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>